「社内のメンバー間で生まれる意識の差」をどう埋めるか

独立してから10ヶ月が経ちました。
本当にあっという間でしたが、会社員時代と比べて圧倒的に充実した毎日を送っています。

さて、今回はタイトルにあるように、仕事に関するお話です。

結論から言うと、

仕事が出来る人と出来ない人を同じ意識水準にするなんてそもそも無理

ということです。

前提として、「仕事が出来る人が正義」「仕事が出来ない人は悪」という話ではありません。
ただ、「仕事が出来る人は色々仕事を任されるし、相応の評価をされるべき」だと思っています。
逆に、いつまでも評価されないのにその組織に留まる理由なんてありませんよね。

で、この「仕事が出来る人」と「仕事が出来ない人を含むそうでない人たち」というのは、意識レベルで差があることが多いです。
社内勉強会とか情報交換の場を活用するというのは、この意識の差を埋めるための手段ですね。

公務員のように資格が必要でもなく、「何のために仕事するのか」という理由も異なる以上、これはどうしようもないことです。
エンジニアやデザイナーは、本来「職人」といわれる職種ですが、悲しいことに「職業プログラマー・SE」と言われる人も多く存在します(そもそも私はこの「SE」という表現が嫌いですが、それはまた別の機会に)。
少なくとも、私が新卒で入った会社の先輩や同僚エンジニアに、そうでないと思える人は数えるぐらいしかいませんでした。
※以前も書きましたが、「休みの日にもコード書いている」と言うと異端児扱いされるレベルです。

話が少しそれましたが、結局のところ「本人が楽しいと思えないならやらないだろう」ということです。
そのため、先にあげた共有の場も、最終的に「意識高い人の集まり」になってしまう可能性があります。
無理に引き出すために「1人1つは」とか「ローテーションで」とかやり始めると、参加率はさらに下がると思います。

「じゃあどうすればええねん」となりますが、そこで以下のような案はどうでしょうか。

まずは自分が学んだ・経験したことを発表・共有してもらう

モノをつくる仕事をしていると色々な場面に遭遇します。
まずはそういったことを共有してもらうのです(もちろん個人的な開発でも良いです)。

  • こいつ…動くぞ…!
  • こんなやり方があったのか!!
  • 他の案件とこういうところが違った(同じだった)
  • とりあえずあの時はこれで乗り切ったけど、もっと良いやり方があったのでは…

発表・共有の場では知識や経験の差もあり「出来る人」がフォーカスされがちです。
その結果、「こんなこと話して良いのか」「自分にはこんな発表出来ない」と発表・共有を控えるケースも少なからずあるように感じます。
そこで、最初は上記のような情報共有の場とすることで発表・共有のハードルを下げ、だんだんと慣れてもらうのです。
また、このための準備で時間を取り過ぎると業務に支障をきたす可能性もあるので、まずは

  • A4用紙1枚分
  • Github・RedmineのWikiレベル

とかで良いです。
もちろん強制でなく、あくまでも挙手制にします。
それでも手が上がらないようなら、ある程度メジャーなテーマを決めて全体で話してみる(この場合、あくまでもメインは「出来る人」意外です)とか、「出来る人」があえて初心者用スライドを作って話してみるとか、とにかくハードルを下げるのです。
とにかく「場数をこなしてもらう」というか、発表・共有することへの抵抗を無くしてもらうことが重要ではないでしょうか。
「出来る人」は退屈な気もしますが、

  • 長期的な観点でいくと全体のレベルアップにつながる
  • そもそも出来る人はその場以外でも勝手に勉強する

ので、息抜きや振り返りと考えれば良いのかなと思います。

まあ、客観的な立場からは色々言えますが、実際は難しいケースもあると思います。
参考になれば幸いです。

京阪プレミアムカーに乗車してきました

8月20日に京阪プレミアムカーがデビューしました。
そのプレミアムカーに先日乗車してきましたので、宣伝を兼ねてこちらに書きます。

以前にも何度か淀屋橋~出町柳の旅はしていましたが、今回は京阪で初めて指定席を購入しました。
指定席の予約は特急停車駅の窓口かインターネット(京阪プレミアムクラブ)で会員登録の上可能です。
なお、インターネットでの予約はクレジットカードのみとなるので注意が必要です。

すでに色々なところで触れられているように、特急列車8000系の6号車のみプレミアムカーとして運用されています。
※ちなみに、平日にはライナーとして特急列車がすべて座席指定になるものがあります(この場合も6号車はプレミアムカー運用です)。

乗車すると、アテンダントの方が「ご乗車ありがとうございます」と迎えてくれます。
これだけでも力の入れようを感じられます。

座席ですが、1両に40席しか無いこともあり、結構ゆったりとしていました。
また、ドリンクホルダーや簡易テーブルもあり、まるで新幹線に乗っているようです。


手前のポケットにはパンフレットが入っていました。
販売されている(4000円)とブックカバー(2000円)はここでしか購入できません。

ひじ掛けにはコンセントがついています。
今回試すのを忘れていたのですが、無料Wi-Fiも利用できるようです。

大きい荷物を置いてもらえるスペースもありましたが、座席の上にある棚もなかなかの大きさでした。

途中の駅や車庫をしっかり見たかったのですが、ほとんど寝てしまっていました。
実はこの日、朝ご飯中に被せていた歯が割れてしまうというハプニングがありバタバタしていたんです。

無事出町柳へ到着。
帰りも予約していたので、一息ついた後乗車します。
淀屋橋と違い人が全然乗っていないので、ドアや車内をしっかり撮ることができました。

ドア

前から


後から


人が少ないうちにと思い、扇子を購入しました(アテンダントさんにその旨伝えると購入できます)。
ブックカバーはブラック・ベージュ2種類ありこちらも欲しかったのですが、

  • 数日前にブックカバーを書店で購入していたこと
  • 選びたかったブラックが売り切れだったこと
  • ずっと使っている棋士の記号扇子(王立誠九段)がそろそろ買い替え時だったこと

という点から扇子にしました。
上品な感じの箱に入っていましたので、使うのが不安です(笑)。

淀屋橋~出町柳区間だと、通常の乗車券+500円(淀屋橋~樟葉なら+400円)で乗車可能です。
乗車時間1時間ほどですが、ゆったり寛ぎながらの大阪~京都移動にはとても良いと感じました。
皆さんも、大阪・京都へお越しの際は是非ご利用ください。

仕事はフリー、ストレスもフリーな半年間を振り返る

今回は仕事の話です。

気づけばフリーランスになって半年が経ちました。
「意外となんとかなるもんだな」というのが正直な感想です。

私の場合、独立に際して行ったことは大きく6つでした。

  • エージェントと契約し、独立後の仕事を決める
  • 会計ソフトの利用開始
  • 開業届を出す(この時に屋号も決めました)
  • 保険・年金の切り替え
  • 独自ドメインの取得(Web・メールアドレスなど)
  • 名刺の作成

わからないことだらけでしたが、ネット社会のこのご時世、Google先生でいくらでも調べられました。
やってみると上記のような事務作業も結構楽しく、現状特にストレスなく続けられています。

エンジニアやデザイナーの方は、是非エージェントを利用することをおススメします。
面倒な営業・事務作業を代行してもらえ、案件もしっかり紹介いただけ、おまけに一定額の収入を確保できます。
会社員時代との大きな違いは、こちらに選択権があるということですね。
もちろん面談などがあるので希望が100%通るわけではありませんが、少なくとも事前に情報を得たうえで、こちらで選ぶことができるのは大きな魅力です。
Google先生に聞けばネット上でエントリーの受付を行っているところが多数ヒットしますので、ご興味ある方はぜひ調べてみてください。

以上、半年の振り返りでした。
今後も独立に際してやってきたことについては、ここで展開していきたいと思います。

おにぎり

昨年の夏、まだ会社員だったころから、お昼には自宅から持って行ったおにぎり2つを食べるようになりました。
それまでは、弁当を作って持って行くのが8割、何か買って食べるのが2割ぐらいの割合でした。

前職では社員用のリフレッシュルームがあったのですが、人が多く全くリフレッシュできなかったので、弁当は近くの公園で食べていました。
ただ、昔と比べて明らかに量が食べられなくなったこともあり、「おにぎり2個あれば夜までもつやろ」と考えてこのようにしました。

結果、大成功です。
おにぎり2個は本当にちょうどいい量でした。
私は昼食後に近くの喫茶店でコーヒーを飲んでいたのですが、それでもお昼代よりははるかに安くつきます。
さらに、近くの喫茶店といっても徒歩10分ぐらいのところにあるため、いい運動にもなっていました。

独立した今もおにぎり2個+コーヒーは続けています。
眠気もないし、集中力も落ちません。

そして、朝・夜は人並に食べていますが体重・体脂肪も減りました。
今年は久々に会う人が多かったのですが、面白いぐらい「痩せたね」と言われます。
私の場合は元々間食をしないので、それも効果があったのかもしれません。

腹持ちがよく午後からも集中できるおにぎり。
皆さんも是非試してみてください。

人知れず黙々と履歴を残す

昨今、どんな業務でも多かれ少なかれパソコンを利用します。
中でも、Excelやテキスト・画像などを取り扱う業種だと、以下のような場面があるのではないでしょうか。

  • どれが最新のファイルだったっけ?
  • 作業中のファイルが消えてしまってる!
  • 先週の状態に戻したいけどどうしよう…
  • 間違えて削除してしまった…ナンテコッタイ

こういった問題は、人力では防ぎようがありません。
人間は間違える生き物です。
諦めましょう。

…というと何も解決しないので、バージョン管理システムを使いましょうというお話です。
正直、我々エンジニアよりも、上記のようなアナログで頑張っている人こそ使うべきだと思っています。

たとえば、ある部署で取り扱っている「01.帳票」というフォルダがあるとします。
現状、この下にExcel・PDF・Wordなど様々なファイルを入れて、ファイルサーバで日々運用しているとしましょう。
ここでバージョン管理システムを利用して、上記をバージョン管理するようにしてみます。

  1. 管理したいフォルダをバージョン管理対象(リポジトリ)として登録
  2. 追加・変更・削除が発生したファイルをコミット(バージョン管理に反映)
  3. 上記コミット単位で履歴ができるので、定点へ戻す・全体の復元など思いのまま

部内では以下のように決めます。
「毎日始業時にリポジトリから最新を取り込み、終業時にその日の作業分をコミットすること」

さて、Aさんが3日前に修正した「ファイル1」を、Bさんが今日修正することになりました。
その日の定時前にBさんがコミットしようとすると、Aさんが3日前にコミットした内容と、自分が今日コミットしようとしている変更を比較することができます。
コミット後、Bさんが「あ、これはやっぱり要らなかったな」となっても、不要なところだけ削除してまたコミットすれば、以下のように履歴が残ります。

Aさん修正(3日前)→Bさん修正(今日)→Bさん不要なところ削除(今日)

後日変更が入っても、この履歴が増えていくイメージですね。
なお、この履歴はファイル単位で日付と合わせて保持できますし、コミットにはコメントも付与できます。
いつ、誰が、何のために変更したか が一目瞭然というわけです。

以前も少し書いたのですが、このリポジトリは社内で準備する以外にも、インターネット上のホスティングサービスを利用することができます。
そうだ!ホスティングサービスを使おう

なお、バージョン管理システムの1つであるGitについて、CLI(いわゆる黒い画面です)を利用したやり方も以前記載しました。
Subversion→Git、そして伝説へ…

ただ、上記で紹介したGitはExcelやPDFなどテキスト以外のファイルを扱うのにあまり向いていないので、他のバージョン管理システム(Subversionなど)のほうが良いかもしれません。
最近はコマンド操作を画面上で視覚的に行えるツールも多くあるので、エンジニアでなくても問題なく使えると思います。

いかがでしたでしょうか。
業務に限らず、個人で管理しているようなファイルにも使えると思いますので、是非一度使ってみてください。

次のスペシャリストへ…

昨年末、情報セキュリティスペシャリストに合格しました。
IT業界は、専門職にも関わらず「この資格が無いと開業できない」とか「この資格でいくらまで職能給が決まる」ということがありません。
なので、同じ業界の人に「これ取ったんです」とアピールする以外にあまり効果が無いんです。

とはいえ、それでも自分が挑戦した結果ということで公的に証明されますし、今後必要になってくる可能性もあります。
そんなわけで、私は定期的に挑戦しています。

私がこれまで取得した資格についてはこちらを見ていただくとして、今年は「データベーススペシャリスト」を受験しようと考えています。
もともとは昨年受験したかったのですが、前期(4月)しかやっていないことを知らなかったため、1年後である今年になってしまいました。

情報処理試験以外にも、今年は前回不合格だった漢字検定準一級にも挑戦しようと思います。

「冷蔵庫にあるもので作りました」ってなんかカッコいい

鮭とほうれん草の生クリームパスタを作りました。
生クリームの賞味期限が迫っていたので思いついたのですが、結構おいしくできました。
1人暮らしだと気づいたら賞味期限が迫っている(切れている)ことがよくあるので、「冷蔵庫にあるもので何が作れるか」を意識して色々とチャレンジしていこうと思います。

もらうのは嬉しい、ただ人による

社会人になると本当に出会いが無くなります。
彼氏・彼女がどうしても欲しい人は、高校や大学のうちにしっかり出会っておいたほうが良いですよ。

それはさておき、先日はバレンタインでしたね。
私は毎年、妹と彼女からもらっています。

まずは妹です。

毎年手作りをくれていたのですが、昨年就職したこともありさすがに今年は買ったチョコでした。
ありがたいのですが、9歳離れていることもあり子供みたいな感覚なので、「ちょっと前まではこんなに小さかったのに…」と近所のおじさんみたいなことを思ってしまいます。

次に彼女です。
私がチョコレート色が強いものがあまり好きではないので、毎年趣向を凝らして作ってくれます。
この投稿のトップにあるはチーズケーキ…だったのですが、ほぼヨーグルトでしたね(笑)。
あとはホワイトチョコを作ってくれました(緑色は抹茶が無かったので玄米茶のパウダーがかかっています)。

どちらもとても美味しかったです。
3月には2人へのお返しを考えないといけませんね。

こうやって親しい人にもらう分には嬉しいのですが、会社とか学校で行われるチョコのやり取りは個人的には好きではありません。
「人の評価と関係ないし、誰が得するんやろ…」と思う自分は冷めているんでしょうね…。

どの業種も、まわりのイメージと実態はほとんど違う

今回はIT業界のことをあまりご存知ない方向けの内容です。
まずはじめに、以下に書くことはあくまでの私の勝手なイメージということをご認識ください。

みなさんはIT業界で働く人にどのようなイメージを持たれているでしょうか?

  • きれいなオフィスでのびのび働く
  • 始業・就業時間が比較的自由
  • 私服で音楽聞きながら仕事できる

とかですかね(私はIT業界の人間なので客観性に欠けますが)。

結論から申し上げると…そんな会社は多くはないです。
以下、私の過去の経験から会社の形態別に見ていきます。

【事業会社(IT業界以外の会社)のIT部門(情シス)】

この場合、他部署の社員と同じような時間・服装・給与水準で働くことになります。
場合によっては、ITに関係ないような社会人基本セミナーとか営業セミナーみたいなものにも強制参加です。
そのくせ情報処理に関する資格支援がないところも多く、他部署の人から問い合わせがひっきりなしに来るので音楽聞きながらなんてほぼ無理です。
業種によりますが、社員同士が仲良くオフィスの福利厚生が充実しているという点はあるかもしれません。

【親会社をもつIT専門会社】

「○○ITソリューションズ」とか「○○情報システム」といった親会社の名前が○○に入るような会社がこのパターンです。
これも親会社に合わせた勤務形態をとることがほとんどです。
キャリアとしては、入社後数年は開発経験を積み、そこからはプロジェクト管理がメインになります。
色々な外注を受け入れて実作業はそちらへ委託していることが多いです。
外注としてこういった会社で作業する場合でも、時間・服装は合わせるのがほとんどなので、スーツはまだまだ健在です。

【独立系IT専門会社】

ここが一番分かれるところですね。
社内で開発しているようなケースだと本当に自由です(スタートアップに特に多いですね)。
そして、そういうところは管理職であっても最新技術に明るい方が多いです。

ただ、就業時間は9時~17時30分(または18時)でスーツ着用というところはいまだに多いです。
また、会社として10時始業だったとしても、上に書いたようなお客さんのところで常駐勤務するとなると、時間・服装はそこに合わせることになります。
さらに、常駐にしろ請負にしろ、間にいくつか会社が噛んでいれば中間マージンが発生します。
ex) A社(エンドユーザ)100万払→B社(システム子会社)80万払→C社(外注)50万払→D社(自分の会社)
そのため、極端に言うと自分(もしくは自分の会社)がもらう報酬はエンドユーザが払っているお金の半分だった…なんてことがありえます。
こんな話、どこかで聞いたことありませんか?

…そう、ゼネコンです。
日本のIT業界はいまだに多くのゼネコン体制で回っているのです。

いかがでしたでしょうか。
冒頭に書いたのは良いイメージですが、悪いイメージはどうでしょうか。
真っ先に出てくるのが「残業・休日出勤が多そう」ですかね。

最近は厳しく言う会社も増えましたが、残業・休日出勤はいまだ青天井です。
会社の体制に問題があるケースは多いので、なかなか是正が難しいのが残念なところです。