Laravel・Lumenでログ出力先を変更する

最近勢いがあるPHPフレームワークの1つであるLaravelですが、ログファイルのデフォルト出力先は以下になっています。

  • storage/logs/laravel.log

普段、私は自分が作成した複数アプリ(CakePHP・Rails・Django・バッチ処理など)で同じログディレクトリを利用しています(管理しやすいので)。
また、デプロイ時にはシェル側でリンクを切り替えて対応しています。
そのため、プロジェクトディレクトリ以下に出力されると結構不便なんですよね。

Laravelでは、他フレームワークのように「configファイルをいじるだけでディレクトリ・ファイル名を操作する」というのができませんでした。
※ディレクトリの変更自体はApplicationクラスのuseStoragePath()メソッドで可能です。
なので、今回はこれをカスタマイズした方法を紹介します。
といっても、他言語や他フレームワークでやるような継承を使うだけです。

1. 独自のLogServiceProviderを作成

まずはじめに、\Illuminate\Log\LogServiceProviderを継承した独自プロバイダを生成します。

2. 独自のApplicationクラスを作成

次に、独自のApplicationクラスを生成します。
ここで、上記のMyLogServiceProviderを利用するように変更します。

3. 利用するApplicationクラスの変更

最後に、利用するApplicationクラスをMyApplicationに変更します。

これでログ出力をカスタマイズできます。

ちなみに、Laravelの軽量版であるLumenでは、Laravelの手順1が不要で、手順2の独自アプリケーションクラスでgetMonologHandler()を継承するだけで良いです。

↓当サイトのドメインは以下で取得しました。

CakePHP3で「.env」を使う

世間一般に言われる「ゴールデンウィーク」も今日が最終日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
ちなみに、私はずっと開発に集中していました。

さて、今回はCakePHP3で.envファイルを利用する方法についてここに記載しておきます。
Laravelではプロジェクトルートに「.env」ファイルを配置し、その中に設定した値を利用して環境菅野差異を吸収するという手法が取られています(このファイルはバージョン管理外とします)。

Javaを長くやってきた私は、アプリケーションサーバに設定する手法を主に使ってきたので、PHPのWebアプリで使う環境変数はすべてApacheに指定していました。
ただ、最近Webサーバをnginxに変えた際、環境変数の設定に手こずり、あげく「ほんとにこれで良いのか?」となっていました。
アプリ単位で管理するのならそれが良いのかなと今では思っていますので、同様のことをCakePHP3でも実施したというのが今回の対応です。
※ソースはこちらにもあります。

ファイルの配置

まずはプロジェクトルートに「.env」を配置します。
今回はini形式にします。

設定読み込み処理追加

リクエスト時に読み込まれるファイルに以下を記載します。
※今回私は「paths.php」に記載しましたが、「bootstrap.php」のほうが良いと思います。

これで、コード上で「.env」に定義したファイルを読み込むことができます。

ちなみに、より柔軟に対応できる「PHP dotenv」というライブラリもありますが、今回はファイル名固定かつ最低限値が読み込めればよかったので、上記対応としました。

↓当サイトのドメインは以下で取得しました。