人生論

「人の死」を皆さんは信じますか?
「現に人は生まれ、死んでるのだから、何を言ってるの?」と思われる方もおられると思います。でも、それは「肉体的存在」がなくなるのであって、「精神的存在」はさまざまな人の心に残っていますよね。あれを「生きている」と考えれば、「人の死」なんてものがほとんど存在しないことになりますよね。そう考えれば、「リンカーン大統領」も「伊藤博文」も、「エジソン」ですら生きていることになります。先日の「言霊」の話とかけて、人の持つものやかかわりのある人々の中に、その人が存在していると考えれば、人間に「死」は訪れませんよね。あくまで考え方の問題ですが、人間が「今」しか見ていないために、この考え方が根本的にほとんど否定されているのが事実です。こうやって考え方を変えてみると、人間が今考えている「生死」というものが、いかにちっぽけかがわかってくると思います。
日々の研究を重ねている方々も、「答えが出ない」問題に取り組んでおられますよね。ただ、「答えを出そう」と研究している以上、永遠に終わりは来ませんよね。「たくさんの手段・過程・結果、その他様々を知りたい」と考え、研究に取り組んでいる人達こそ、研究の真意を発見でき、研究を続けていけるのではないでしょうか。
「自分の幸福」を考える際、皆それが「自分に対する、自分のための幸福」と考えがちですが、それこそまさに人間が「今」しか見ていないことを証明しているように思います。「人のために何かをする・何かを捧げる」ことこそ、「自分の幸福」であると、それこそ人間の本質ではないでしょうか。人が死を迎えず、「今」だけを考えず生きていくものだとしたら、「人のために生きる」ことが、人間本来の幸福、および真実の愛だと、そう思えてなりません。
いずれにしても、「今」を生きよう、「自分のための幸福」を得ようとする以上、人間は決して「本当の幸福」を得られないでしょう。「本当の幸福」を得たいのであれば、まずは以下の3点を強く自分に念じるべきです。

・「精神的な存在」がある以上、人に死はまず存在しない。
・「自分の幸福」とは、「人のために何かを捧げること」である。
・日常の問題に、「答え」は出ない。「過程・結果・その他様々なものを見つけていくこと」こそが、研究の真意である。

――ちなみに、上記の事柄は、トルストイ氏の「人生論」を読んで、私が感じたことを書いたものです。もっとたくさんの内容があったのですが、その中でも印象に残った部分について、皆様にお伝えしたくて、ここに書かせていただきました。

とまどいな~が~ら~ぼく~たちは~

さて、「カラマーゾフの兄弟」を読み終わったと昨日の記事で書きましたが、昨夜またも小説を3冊買ってきました。

太宰治「人間失格」
内田康夫「遺骨」
トルストイ「人生論」

なんとなく気になった3冊を選んだんですが、恋愛モノよりは哲学や自伝、事件モノなどのほうが好きなので、今後もそういった本しか買わないと思います。
とはいえ、たくさんの作品に触れたほうが自分のためになることもわかっているつもりなんで、皆さんがもし「この本面白いよ!」というものがございましたら、上記のもの意外でもお勧めしていただけるとありがたいです。

ちなみに、今日の晩御飯も私がつくりました(焼肉とトック入りスープ)。

興奮冷めやらぬ

「カラマーゾフの兄弟」、ついに読み終わりました。とても長く、そして深い小説だったんですが、それ故に読み終わった今も興奮が冷めません。

まず、宗教や人間の罪、愛、家族、そして運命など、たくさんのテーマを取り扱った作品でした。特に「家族」と「運命」に関して、とても感銘を受けました。
運命とは「偶然の産物、しかも結果的に良いものではないか」と考えていた私に、裁判の審判、およびその結果に対するカラマーゾフ3兄弟の兄ドミートリイ及びそれに関わる人物たちの考え方は、「時にそれが真実でなくても、それを運命と取らねばならないこともある」ということを教えてくれました(もちろんそれが全てではないでしょうけど)。
裁判での弁護人の親子についての「子供をつくり、生むだけが親ではない」という論説も、「家庭」におけるより身近な問題だったこともあり、大変共感、納得できるものでした。
こういった「意見」を今の人々はなかなか持っていないような気がします(もちろん私も含めて)。この物語の人々、特にカラマーゾフ3兄弟それぞれの「意見」「主張」の対立に私が感動させられたのは、ただただ感心した部分もありますが、自分がそういうものを持っていない故の羨望と、同時に自分への戒めが多くを占めていたからだと思います。
全体を通して、この3兄弟たちのやりとりやそのまわりの人々の考え方、主張は、「こういう考え方もある」ということも私に示してくれました。私がこれから様々なものを見て、考えていくとき、必ず影響を及ぼしてくれるであろう、とてもすばらしい作品です。この出会いに感謝するばかりです。

この小説は訳者にもよりますが、全部で3~5巻の長編です。文学作品に興味のある方もそうでない方も、是非一度手に取ってみることをお勧めします。
20080224172930.jpg

Братья Карамазовы

タイトルはロシア語で「カラマーゾフの兄弟」です(文字化けしてる方、ごめんなさいm(_ _)m)。

これね、最近時間があるのでずっと読んでるんですが、面白いんですよ。読み応えがあります。その分めちゃめちゃ難しいんですけどね。
人間模様がさまざまな情景から描かれていて、主役のカラマーゾフ3兄弟とまわりの人々のやりとりもとても深いものになっています。
上・中・下巻があって、上巻は昨年からずっと読んでいて(講義の合間などで読んでいたので、基本的にちょっとずつしか進んでいませんでした)、昨年は中巻の3分の1あたりまで読めていました。
それでもやっぱり1日まるまる休みの日なんていうのは、ギター練習や家事をやっても時間が残りますし、こういう時こそ読書するべきなんですよね。それでこの1週間ぐらいで下巻の3分の2まで読み終わりました。ここからクライマックスでございます。さぁ、どうなるかな!?(えらいおざなりな…笑)

この本を読んでいる、もしくは読まれた方がおりましたら、コメントで「私はこう思う」など、自分の意見・考察等教えていただけるとありがたいです。