【補足】仕事をすることには人それぞれ理由があると思いますが、根底は皆同じはず

昨日のことですが、彼女に「MNP」という言葉を教えてもらいました。
モバイルナンバーポータビリティといって、携帯電話の番号をそのままにキャリア変更を行うことだそうです。
そもそも、そんなことが可能だということすら知りませんでした(´・ω・`)。

さて、前回の日記について少し補足をしておきます。

1.基本的に、不要なことはせず定時に帰る
わからないことを人に聞くのに、自分を通しまくるという事ではありません。
自分が聞きたい時に人の仕事を止めまくったあげく、それで「お先で~す」は完全にダメ社員です。
ちゃんとタイミングを見計らって、先手を打って確認しましょうということです。

2.「おかしい」と思ったことには反発する
これも、反発するだけではなく、以下のようなことも考慮しておくべきです。
・「こういうことが理由で納得できない」という主張を伝えること
・「こうしたほうがいいと思うがどうか」と問いかけてみること
反発したり抗議したりするのは簡単ですが、懸念事項や代替策も無しに言うだけでは、何も解決しません。

4.休日および定時後のイベントに絶対参加する必要はない
過去の日記で散々言っていますが、人との出会いは大切です。
よって、自分の気分次第と言っても、「この人と話してみたい」というきっかけで動くことがほとんどです。
その明確な軸があるからこそ、「今回は行きたくない」理由がはっきりするのです。

こんなことを書いてはいますが、私自身この業界は好きです。
ただ、自分の生活があるから仕事ができるということについては、考えを曲げるつもりはありません。

↓当サイトのドメインは以下で取得しました。

コメントを残す