人が人を好きになることに、論理的な説明はいらない

何のためにその人と一緒にいるのか。
それを考えることはとても大切だと思います。
しかし、それ以上に我々は、
誰と一緒にいるのか。
それを考えてしまいます。
自分自身のステータスだと考える人もいれば、
その人といることで心理的に満たされる人もいる。
いずれにしても、この人と一緒にいたいという自分の気持ちを、
押し殺すことなく、伝えていくべきではないでしょうか。
家族、友人、恋人。
自分が好きだと言える人たちに対して、
その気持ちを伝え続けていれば、
相手も必ず何らかの形で答えてくれます。
はじめはうまくいかなかったとしても、
そうやって少しずつお互いが近づいていくことで、
人と人とはわかりあえていくのでしょう。

何が言いたかったかというと、相手に気を遣うことと同じぐらい、自分自身の気持ちも大切ですよということです。
好意の返報性という言葉もありますし、何事も伝えてみなければわからないものです。
伝えることでうまくいくかはわかりませんが、何も伝えないよりはよっぽどマシだと思います。
皆様も、まずは身近な人に自分の思いを伝えてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA