少なからず狙いはあるだろうけれど、いまいち理解できない

この前「ジャイケルマクソン」で、中川家の礼二さんが「京阪電車で淀屋橋駅から出町柳駅まで乗る」というロケをしておりました。
小学生の頃、駅名を全て覚えた(笑)私にとっては、このコーナーは何より興味深かったんですよ。
食い入るように見ており、またもっと長く放送してほしかったなと感じました( ̄ー ̄)。
いずれ私もやろうと、ひそかに考えております(笑)。

…と、ここからはちょっとマニアックな話になるので、大阪の人以外はわからないかもしれません。
こんな京阪電車ですが、2年前に新しい線が開通しましたよね。
そう、「中之島線」です。
この線、会社説明会で何度か使うことがあるんですが、まだ新しいこともあってとてもキレイなんですよ。
おまけに私が乗る駅に停車してくれる「区間急行」でそのまま行けますしね。
ただ、1つ疑問があります。
あの線って、需要はあるんですかね(^^;)。
場所も中途半端ですし、大江橋から先は料金が上がります(大江橋~渡辺橋なんて500メートルないのに、+60円ですよ)。
梅田界隈からも結構離れていますし、大阪市営地下鉄ともいまいち連絡がとれていません(そのくせ、地下鉄○○線はお乗り換えですとか言ってくれます)。
何より駅の中がとても閑散としているんですよね。
まぁ、京阪電鉄もまさかここまで普及しないとは思わなかったんでしょうけど。
中之島駅が最寄り駅の会社へ行く際も、お金がもったいないうえに距離もそこまでないので、大江橋から歩いてました。
あそこまでよくわからない線は初めてです(´・ω・`)。

今後、USJや西九条とつながるというプランもあるようなので、そこに期待するしかなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA