言葉が混合して言葉と呼べない言葉が増えていく

(アルバイトで)
・よろしかったでしょうか
・~の方
・~円からお預かりいたします
・~になります
(日常)
・違くて
・全然大丈夫
・~みたいな
・~したり(1回しか使っていない)

書いてるだけでイライラしてきた(笑)。
日常で若者が使っているこれらの言葉、どう考えても日本語としておかしいですよね。
ただ、それらを当たり前のように使う大人も結構多いんですよ。
とある説明会では「白羽の矢が当たる」と言われ、またとある説明会では「今の現状は」と言われました。
おまけに、テレビなんかで当たり前のように「見れる」「食べれる」という“ら”抜き言葉が使われています。
いやぁ、日本語の乱れは半端じゃないね(^^;)。
高校生をはじめ若者が使っているなら是正の価値もあるだろうけど、ビジネスマンがこれらの言葉を何の違和感もなく使うっていうのは、どうなんでしょうねぇ…。

たまにこれらの言葉の含まれた歌詞を見るんですが、アーティストはわざとやっているのか、それとも…。

↓当サイトのドメインは以下で取得しました。

コメントを残す