Thank you for everything…

先日、寝る前にベッドの上で考えてみたんですよ。
どこから自分の記憶があるのか。
また、それにあわせて色々と思い出しました。

ガキの頃、スロープに思いっきり頭をぶつけて、4針縫ったこと。
保育所年長、みんなが遊んでいる中、外を走る車の名前を片っ端から覚えていたこと。
小学校低学年、マンションの溝でミニ四駆を走らせて遊んだこと。
小学校高学年、遊戯王のカードで毎日のようにデュエル。
中学2年生、囲碁部を本格的に発足させ、毎日のように部室で碁に没頭。
中学3年生、18時ぐらいまでクラスの文集をワープロで打ち込んで編集。
高校1年生、俺だけ吸ってなかったのに、友人たちのタバコがばれて俺も巻き添え停学(1日)。
高校2年生、初のアルバイト。朝から晩まで引越し作業の連続、達成感なし(笑)。
高校3年生、たくさんの思い出。
人生初のライブ。アーティストを間近で感じ、本気で感動。
初の長期アルバイト。そこでたくさんの仲間に出会い、たくさんの話を聞いた。
…若さゆえの苦く、辛い経験。今はすっかり笑い話だけど。
大学2年生、たくさんの自分を知った。
自分が苦手だと思っていた人と接することを、アルバイトで経験。辛いこともあったけど、楽しかった。
――そしてもうひとつ。
20年生きて初めて、たった1人の笑顔のために、あんなに必死になった。
たった1人のために走り、泣き、考え、そして手を差し伸べた。
たった1人のために生き、自分のことよりそっちが大事、そう思えた。

今は大学3年生。これから就職活動と卒業論文を本気で頑張っていかないと。
資格を取るために勉強もしている。

今は21年間の全ての出会い、そして経験に感謝しています。
もちろんこれからもですが。

そして、これからも私は生きていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA