Django+AngularプロジェクトをHerokuへデプロイした話

実に5ヶ月ぶりの投稿です。
この間、個人の仕事でバタバタしたり常駐が週3になったり旅行したりと色々ありましたが、ひとまず元気です。
いい加減「Go to Everyone!」の更新以外の記事を書く習慣を戻していこうと思います。

さて、今回はDjango+npmのプロジェクトをHerokuにアップする手順について記載します。
恥ずかしながら最近までHerokuを触ったことが無く、AWSやVPSとは違って自由にできない点が多くかなりハマりました。
今後同じようにハマる方が減ることを願ってここに記載します。

heroku-cliの導入

これは色々なところに記載があるため割愛します。
結果的に、以下コマンドが動作すればOKです。

Herokuアカウント登録

アカウントが無い人はこちらから登録しましょう。

※Herokuで動作するDynoについて
Dyno(アプリケーションを動作させるコンテナ)は月あたりの動作時間で課金となりますが、
1つだけ動作させるのであれば1ヶ月無停止でも無料枠に収まります。
ただ、その場合は時間の制限上クレジットカード情報の登録が必要です。
また、30分アクセスが無いと停止するため、次回アクセス時にかなり待たされます。
定期的にcurlするなど何らかの対策が必要ですのでご注意ください。

アカウント登録後は、以下コマンドでログインしておいてください。

データベースを用意

PostgreSQLを利用します。
Herokuではプラグインを導入することで無料で利用できます(その分スペックが低いので、本格的に利用するならDyno含め有料プランをおすすめします)。

リポジトリの用意

Heroku用にGitリポジトリを配置することもできますが、GitHubと連携させることも可能です。
今回は過去に何度か登場している以下リポジトリを参考にします。
myrecipe

こちらは、Django2.xとAngular6.xを利用しています(今回、これらのセットアップは本題ではないため割愛します)。
それぞれ独立させて動作させているため、ここのつなぎ込みが一番苦労しました。

ビルドに必要なbuildpacksの追加

依存関係の追加(Python)

pipenv(またはrequirements.txtでもOK)に依存関係を追加します。

  • gunicorn: アプリケーションサーバ
  • psycopg2-binary: PostgreSQLを利用する際に必要なライブラリ、MySQLならmysqlclient
  • whitenoise: Heroku上で静的ファイルの配信を行うために必要なライブラリ

whitenoiseがポイントです。
Herokuではプラグインを導入するだけで自動デプロイができますが、静的ファイルの生成(python manage.py collectstatic)はやってくれるのに配信がされないため、これを解決するためにこのライブラリが必要でした。

Procfile の追加

Procfileというファイルに、アプリケーションを起動するコマンドを定義します。
今回はgunicornを利用するため、以下のように記述します。

app.wsgiは、実際に用意したwsgi.pyによって変わります。
上記プロジェクトではrecipe/wsgi.pyに配置したため、recipe.wsgiです。

Django側コード修正

settings.pyを修正します。

npm script追加

先ほど追加したbuildpacks(heroku/nodejs)により、デプロイ時にnodejsのインストールやスクリプト実行が行われます。
npm scriptに以下を追加することで、Heroku側で自動実行してくれます。

本来なら関連する他作業も多々あると思いますが、つなぎ込みの手順は以上です
(思い出しながら書いたので少し抜けてるかもしれません…)。

「起動しない!」というツッコミや「こういった場合は?」という質問もあれば後日書きますので、お気軽にご連絡ください。
今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA