Visual Studio CodeでDjangoをはじめる

以前書いたDjangoに関する記事の閲覧数が多いので、今回は私がDjangoアプリケーションを開発する際の設定について紹介します。

Pythonのインストール

こちら
今更2系を選ぶ理由は無いので、3系の最新をダウンロード・インストールしましょう。

Visual Studio Codeのインストール

PythonはVisual StudioやIntelliJなどのIDEでも開発可能ですが、設定が楽+軽量なので私はVisual Studio Codeを利用しています。
というわけで、まずはVisual Studio Codeをインストールしましょう。

プラグイン追加

Djangoの開発をするうえで必要な以下プラグインをVisual Studio Codeに追加します。

Jinjaについてはテンプレート用です(Djangoテンプレートでもハイライトが効くようになります)。
※Django template用のプラグインもあるのですが、これは.htmlの拡張子レベルで関連付けを行ってしまうため、通常のHTMLを書くときに影響が出ますので利用していません。

プロジェクトの作成

以前の記事を参考にしてください。

Python実行ファイルの定義

Pythonで開発するにあたり、ローカルにインストールしたPythonの実行パスを定義します。
「ファイル」→「基本設定」→「設定」または「エディタ左下の歯車」→「設定」でユーザー設定ファイルを開き、以下を定義してください。
※{path/to/〇〇} にはPythonまたは関連ライブラリがインストールされているディレクトリを定義してください。

実行設定の追加(launch.json)

Pythonに限らず、Visual Studio Codeで開いたプロジェクトを実行するために「F5」キーを押すと、実行する言語を選択するエリアが表示されます(必要に応じてここで対象言語用のプラグインをインストールすることができます)。
ここで言語を選ぶと、Visual Studio Codeでは関連する実行設定ファイル(launch.json)を「プロジェクトルート/.vscode」に自動で生成してくれます。
このファイルにある「Django」の箇所を必要に応じてメンテナンスします(以下は例ですが、初期設定から基本的には変更不要です)。

${config:python.pythonPath}は先ほど設定したpythonPath、${workspaceRoot}は現在Visual Studio Codeで開いているプロジェクトのルートディレクトリを示しています。

実行

エディタ左側の虫マークを選択し、「デバッグ」という表示横のプルダウンから「Django」を選び、横向き三角ボタンを押せば実行されます。
ちなみに、上記設定でデバッグ可能なので、ブレークポイントを貼るとそこで止められますし、変数の中身も確認できます。
ただし、それらは「–noreload」が無ければできません。

なので、通常の「ファイル変更」→「リロード」という手順を踏む場合は、上記設定から「–noreload」を除外して実行することになります(この場合、エディタのデバッグコンソールにも何も出力されません)。
eclipseやIntelliJでも同様のようです。

なお、私個人が作っているものがこちらにありますので、Djangoでの開発に興味のある方は是非ご覧ください。
※PRも受け付けております。

Djangoの記事は需要がありそうなので、またそのうち書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA