Subversion→Git、そして伝説へ…

タイトルは冗談です(笑)。
前回の続きです。

Subversionを使ってる人がGitへ移行するための一歩となればと、こちらに手順を書きます。
前提として、当たり前ですがGitが導入されているものとします。
GitではSVNになかったフローや概念が多いので最初は戸惑うかもしれませんが、
慣れればどのコマンド(操作)をよく使うか、基本的な操作は何かなどはわかるようになってきます。
※私もチーム開発での利用(操作)はまだまだ慣れません…。

WindowsであろうがMacであろうが、通常の手順でインストールすれば環境変数にパスが設定されているはずです。
以下コマンドを流せば確認できます。

git --version

ここでエラーになるようなら、環境変数PATHにGitのインストールディレクトリを設定しましょう。

それでは移行作業に入ります。
まずはGit用ディレクトリを作成します。

mkdir [git_dir]

ベアリポジトリ(基準となるリポジトリ)として上記ディレクトリを初期化します。

git init --bare [git_dir]

Subversionの対象リポジトリ用ディレクトリを作成してそこへ移動します。

mkdir [svn_dir]
cd [svn_dir]

Gitコマンドを利用し、Subversionリポジトリから上記ディレクトリへチェックアウトを行います。

git svn clone [svn_remote_path]

Gitのリポジトリとして登録します。

git remote add origin [git_remote_path]
git push -u origin master

簡単に言うと、以下のようなことを行っています。

  1. Gitのリポジトリに登録したい場所を決める
  2. Subversionから対象リポジトリを取得
  3. それをGitへpush

これで履歴をすべて保持したまま登録ができます。
次回もGitについて少し書こうかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA