言葉の意味は大切、言霊なんて言葉もあるぐらいですから

もはや日本語ではない日本語が飛び交っているここ最近。
早急を「そうきゅう」、重複を「じゅうふく」なんて読むことが当たり前になってしまった今、言葉というのは変わっていくものだと考えています。
それでも、文法的におかしいものってどうなの?と思うことが多々あります。
「違くて」とかはその典型ですね。
他にも、コンビニ言葉(よろしかった、~になります、~からお預かりします)やリアルでの2ch用語(~だお、ワロス)とかは、聞いていて結構イラッとします。
また、そんなん略せんでええやろと言うような略語も腹が立ちますね。
「とりま」とか、もはや意味不明です。
略しすぎる略語の流行は、日本語がどんどん消えていってしまうようで、少し悲しくなります。

こういうことを書くと変な反発を食らいそうですが、そんなことをこんな時間に書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA